コストパフォーマンスで最高と評価されている「Xiaomi Black Shark 3」

“近年では、コストパフォーマンスが良いスマートフォンとして案内されているスマートフォンが多く、これはゲーミングスマホでも同じです。
ですが今では、「Xiaomi Black Shark 3」のように売れ筋で、かつゲーミングスマホとしてのスペックも悪くないものが知られてきているので、昔のようにゲーミングスマホはどれも同じような性能、価格ではない時代に突入しました。
Xiaomi Black Shark 3は、SIMフリースマホとして購入できるため「格安スマホ」として紹介されることもあります。また、格安スマホの場合はスペック面に妥協しないといけない・・・と早合点してしまうものですが、Xiaomi Black Shark 3はスペック面も安心できる良心的なゲーミングスマホです。
Xiaomi Black Shark 3の特徴ですが、「CPUがSnapdragon 865プロセッサ」を搭載しているモデルのため、実は、SIMフリースマホの中でも別格の存在です。というのも、Xiaomi Black Shark 3以外のSIMフリースマホの場合は、snapdragon600番台のものも珍しくなく、そのため、Xiaomi Black Shark 3はSIMフリースマホの中でも特別視される存在になりました。
また、アプリゲームをプレイする場合にXiaomi Black Shark 3のようなCPUは必要?という意見もありますが、今では、「インストールするだけで10GB以上を使用するアプリゲーム」も少なくないため、これから先のアプリゲームの容量拡大を考えると、Xiaomi Black Shark 3クラスのゲーミングスマホを購入されたほうが無難でしょう。
Xiaomi Black Shark 3は、バッテリー容量についても妥協していないモデルで、Xiaomi Black Shark 3のバッテリー容量は「4,720mAhの大容量バッテリー」なのです。1日間ほどゲームプレイされる場合の電力消費を考えると、4,000mAh以上ないと安心できない・・・と言われています。しかも今では、アプリゲームのデータ、映像のなめらかさでありデータ使用量がどんどんと増えているような時代なので、今では、3,000mAhのバッテリー容量では安心できません。なので、Xiaomi Black Shark 3を購入されるユーザー数が増えているのでしょう。
Xiaomi Black Shark 3の詳細スペックですが、「サイズが168.7mm×77,3mm×10.4mm、ディスプレイサイズは6.67インチ、重量は約222g、CPUはKryo 585 8コア, 2.84 GHz、RAMは8GB/12GB、ROMは128GB/256GB、バッテリー容量は4,720mAh、ディスプレイの解像度は2,400×1,080」です。
今どきのハイエンドモデルのスマートフォンと比較すると、性能的には物足りないと感じる部分もあります。ですが、コストパフォーマンスが高いだけでなくバッテリー容量に妥協しなくてよいところは、Xiaomi Black Shark 3の大きな魅力といえるでしょう。”Galaxy史上初めての公式SIMフリー端末
詳しくはこちら


5G対応スマホの「vivo Y10」とは?

“5Gの高速大容量通信は高品質なライブ映像や配信サービスなどを気軽に楽しむことができますので、動きが遅い4Gスマホから5Gスマホに乗り換える人も出てきています。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo Y10」という5Gスマホがあり、有機ELパネルでコントラストと発色に優れている高精細大型ディスプレイや大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPU、本格的な撮影が楽しめる高性能カメラや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約2万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約179gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1600×720でアスペクト比20:9の約6.51インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは10Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Helio P70 MT6771 2.1GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、体温測定、超広角モード、ポートレートモード、超広角エッジ歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、AI自動シーン認識、背景ぼかし、広角撮影、HDR、オートフォーカス、スローモーション撮影、スーパーナイトモード、ビューティーモード、プロフェッショナルモード、ハイブリッド光学ズーム、HDR、電子式手ぶれ補正などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OriginOS Ocean)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”


5G対応スマホの「Redmi Note 11 Pro+」とは?

“当たり前のようにスマホを持つ時代になっていますが、今だ主流にある4Gスマホでは快適に楽しむことができないということで多くの人が5Gスマートフォンを使い始めています。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「Redmi Note 11 Pro+」という5Gスマホがあり、高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイや見栄えがする美しい写真を撮影できる高性能カメラ、安心して長時間ゲームや動画鑑賞もできる大容量バッテリーや最適な動作スピードを発揮する高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約34000円でRAM8GB/128GBモデルが約38000円でRAM8GB/256GBモデルが約41000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約204gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはパープル、グリーン、ライトブルー、ブラックの4が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは120Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 920 2.5GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約10800万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 12.5)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP53)やハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”この間海外で発表されたSamsung Galaxy S22については今後記事にします!お楽しみに


5G対応スマホの「Samsung Galaxy Z Fold3」とは?

“5Gのスマートフォンなら4Gスマートフォンでも無理だった大容量で高画質な動画をスムーズに再生させることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンはローエンドクラスからハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「Samsung Galaxy Z Fold3」という5Gスマホがあり、至近距離からの接写が可能な高性能カメラや旅行や長時間のお出かけでも安心して使える大容量バッテリー、サクサク動く高性能CPUや明るいところでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約20万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約67ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約6.4ミリ、重さ約271gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはファントムグリーン、ファントムシルバー、ファントムブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度QXGA+(22.5:18) 2208×1768の約7.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは25Wの急速充電や10Wのワイヤレス充電、4.5Wのワイヤレス給電に対応している4400mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはGorilla Glass Victusを採用してリフレッシュレートが120Hzに対応していますので誰でも快適に楽しむことができます。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1200万画素+広角レンズがついた約1200万画素+望遠レンズがついた約1200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水(IPX8)やステレオスピーカー、イヤホンジャックや液冷システムがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”5G体験を始めましょう。Galaxy 5Gについて


5G対応スマホの「vivo X60t Pro+」とは?

“5Gでは通信速度が向上していますので4Gスマホで遅いと感じたダウンロードもストレスなくできますし、データ量が多くなる高画質動画の通信でも快適に楽しめると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo X60t Pro+」という5Gスマホがあり、低照度の環境でも明るく手ブレを抑えた高画質な写真が撮れる高性能カメラや5Gの高速通信や高度な画像処理を実現する高性能CPU、より広い画面で動画視聴を楽しむこともできる高精細大型ディスプレイや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約86000円でRAM12GB/256GBモデルが約10万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約190gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオレンジとブルーの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは55Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+ポートレート撮影ができる約1200万画素+望遠レンズがついた約800万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Origin OS 1.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”


5G対応スマホの「ASUS ROG Phone 5」とは?

“5Gが本格的にスマートフォンに導入されましたので、4Gスマホから5Gスマートフォンに替えた多くの人がいますし、高速大容量通信や低遅延というメリットを感じながら楽しんでいます。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「ASUS ROG Phone 5」という5Gスマホがあり、1日中ヘビーに使用しても1日余裕で持ってくれる大容量バッテリーや大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPU、どの角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイやかんたん操作でキレイな写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM12GB/256GBモデルが約99000円でRAM16GB/256GBモデルが約115000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約172ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約239gという薄型軽量コンパクトボディになっており、ストームホワイトとファントムブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2448×1080でアスペクト比20.4:9約6.78インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glassを採用していますので安心して使用できますし、リフレッシュレートが144Hzに対応していますのでゲームもストレスなく楽しめると思います。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GBモデルと16GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2400万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ROG UI)でディスプレイ内指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”


Redmi Note 10 Proとは?

“高性能なスマートフォンでありながら、価格を抑えたコストパフォーマンスの高いシャオミのRedmiシリーズから最新スマホ「Redmi NOTE 10 Pro」が発売されます。シャオミの公式Twitterによると3月末発表ということなので、今から楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。
Redmiシリーズは、大容量バッテリーを搭載しながらも軽量モデルで持ち運びにもぴったり、使いやすさにこだわって作られたデザインとコスパの良さが人気です。今回、新しく発表される「Redmi NOTE 10 Pro」は、既に海外で発表された4G対応スマートフォンでもあります。日本国内での発表はまだなので、もしかしたら多少名前が変更されたり機種が異なる可能性もありますが、基本的には変わらないでしょう。
海外で発表されたモデルがそのまま日本でも発売されるとなれば、カメラは1億800万画素のメインカメラを筆頭にした四眼レンズ搭載、チップセットにはクアルコム製のsnapdragon732Gを搭載します。今のところ、海外で発表されているモデルはメモリーとストレージの組み合わせが異なる6GBと64GBで約3万円、6GB+128GBのモデルは3.2GB、8GBと128GBは3.5万円となっているので3万円台という安さで驚きの容量を備えたスマートフォンが手に入ります。
普段から写真や動画を沢山撮る方、アプリをダウンロードされる方にもおすすめです。容量がたくさんあれば、それだけ保存容量が大きくなるので動作もその分スピーディーです。
まだ国内ではどのモデルが発売されるか発表されていないので、これから楽しみですね。最低の6GB、64GBでも十分な容量なので特に大きなアプリを何個もダウンロードするという方でなければ快適に使えるはずです。
今最も勢いを増しているシャオミだからこそ、期待をしている方も多いと思います。今回は、どんな機種が発表されるのか是非チェックしてみてください。
メモリーやストレージが小さいと、どうしてもすぐにスマホがパンパンになってしまい、他のアプリを開く時やボタンを押してからの反応が遅くなってしまいます。チップセットにsnapdragon732Gを搭載しているので、普段使いとして使う分には問題なく快適に使えますが重たいゲームをされる方には少し物足りなさを感じるかもしれません。
基本的には、メールや電話、インターネットショッピング、SNS利用程度の方におすすめします。あとは、一度充電をしたら一日気にせずにストレスなく使いたい方におすすめです。気になる方は、是非シャオミの公式HPでチェックしてみてください。
コスパの良いスマホをお探しの方、Redmiの最新シリーズが気になっている皆さんは是非参考にしてください。”


Galaxy S20+ 5Gとは?

“今回ご紹介する「Galaxy S20 5G」は、容量やバッテリー、チップセット全てにおいて最高級スマホであると言えます。あえてデメリットを挙げるとすれば、設定できる項目が多いため少し複雑と感じてしまう点や本体価格が決して安いとは言えない点でしょうか。それ以外は、動作も滑らかで防水防塵機能も搭載した日本人にぴったりのスマートフォンと言えるでしょう。それでは、一体どんなスマートフォンなのか詳しく見ていきたいと思います。
Galaxy S20 5Gは、6.7インチの大画面ディスプレイに三つのレンズを搭載したトリプルカメラ搭載、Dynamic AMOLED 2X 3200 x 1440 (Quad HD+)を搭載しているので解像度も十分で非常に画面も美しいです。ちなみに前モデルであるGalaxy S20が6.2インチだったので、ディスプレイはより大きく進化しています。動画をみたり、スマホで映画をみることが多いという方は大きな画面の方が迫力があり楽しめるかもしれません。
またCPUはsnapdragon865 5Gを搭載、12GBのRAMと128GBのROMを備えているので処理能力もばっちりです。スマホゲームをしていて、途中でカクついてしまったり、止まってしまうなんてこともありません。また複数のアプリを起動してもサクサク動いてくれるので、様々なタスクを同時にこなしたいという時にも非常に便利です。
そして何といってもGalaxy S20 5Gの特長は、120Hzの高リフレッシュレートに対応している点です。画面をタッチしたり、スクロールする時により滑らかでぬるぬるした動きを体験できるのでストレスなく楽しめます。今までは、60~90Hzのものが主流でしたので120Hzとなると全く異なる動きを体験することができます。ただし、120Hzになるとその分バッテリー消費が激しくなったり、画面の解像度が落ちるということがありますがそれを差し置いても優先したくなるほどの魅力といえます。もし今お使いのスマートフォンが、画面をスクロールした時にブレて見えたり、画像が粗く感じる方は一度試してみてください。速さを求める高速ゲームをよくされている方なら、一目瞭然です。もし、気になる方は店頭で手にとって試してみてくださいね。
また顔認証や指紋認証対応、防水防塵機能搭載、おサイフケータイにも対応している点はさすがです。
そして8K動画に対応している点が最大の魅力ともいえます。これにより、初心者の方でもまるでプロが撮影したような美しい動画を撮ることができます。手ブレ補正機能も搭載されているので、難しい設定をしなくても簡単に綺麗に撮ることができます。
全体的なスペックはもちろん、処理能力もかなり高く最高峰のスマートフォンと言えるでしょう。是非、買い替えを検討している方は手に取って試してみてください。”


日本人向け!OPPO Reno A

“今回は、防水機能やおサイフケータイが搭載された、今最も人気のスマートフォン「OPPO RenoA」をご紹介します。こちらは、ミドルレンジモデルということですがスペック的には、ハイスペックスマートフォンと引けをとらない機能が揃っています。それでは、一体どんなスマートフォンなのか詳しく見ていきましょう。
ディスプレイは、6.4インチのしずく型ノッチで美しく色鮮やかな有機ELディスプレイが魅力です。普段からスマホでゲームをされる方、動画を見る方にも嬉しい小さめのしずくになっているのでゲームプレイを邪魔することもありません。他社製品でもしずく型ノッチを採用しているところは沢山ありますが、RenoAのしずくは小さめにできているので見やすくオシャレですね。そしてディスプレイはもちろん、背面パネルも美しくオシャレなデザインで角度を変えると煌めく美しいカラーになっているのでとてもそやれです。
そして見た目の美しさだけでなく、画面にはgorilla glass5が採用されているので割れにくいつくりになっている点も魅力です。もし使っている時に、手を滑らせて落としてしまうようなことがあっても安心して使えるものをお探しの方、是非参考にしてみてください。
またRenoAは、アウトカメラよりもインカメラの方が画質が良いので普段から自撮りされる方にもおすすめです。撮影した後に、色々加工しなくても補正力に優れているので簡単に綺麗な写真を撮ることができる点も大きな魅力と言えるでしょう。スマホを買うならカメラ機能も重視して選びたい方、面倒な設定をしなくても綺麗に撮れるスマホをお探しの方にぴったりです。
その他にも防水防塵機能が搭載されているので、急な雨や災害時にも安心して使えます。ただし水の中に落としてしまうと故障の原因になるので注意してくださいね。そして、おサイフケータイとしても使えるので、今まで交通機関での支払いをスマホでしていた方もそのまま使えるので便利です。
そしてセキュリティーも顔認証機能の他に指紋認証が搭載されているので、マスクをしたまま簡単にロック解除できる点は嬉しいですね。コロナ対策として、安全に使えるスマートフォンをお探しの皆さん、是非検討してみてくださいね。
最後にメモリーが6GB、ストレージが64GBあるので処理能力にも優れています。よほど重たいゲームをしない限り、動画をみたりゲームをしたりする分には十分快適に使えるのでおすすめです。”


スマホデビューするなら!AQUOS sense3

“これから初めてスマホを使ってみる、というスマホ初心者の方に是非おすすめしたいのが「AQUOS sense3」です。AQUOSの中でもsenseシリーズは、毎年もの凄い勢いで売れている超人気スマートフォンです。今回は、前モデルであるsense2から進化したポイントや、人気の秘訣も合わせてご紹介したいと思います。
まずはディスプレイについてですが、AQUOS sense3は約5.5インチのフルHD+ディスプレイとなっています。スマホ上部にインカメラとスピーカー、その他センサーなどが配置されています。そして画面下部に指紋認証センサーが搭載されたデザインとなっています。指紋認証は、画面内に埋め込まれているものや本体裏側に搭載されているものもありますが、AQUOS sense3の場合はディスプレイ下部に搭載されています。また本体は、アルミ製の素材を使っているため、ケースを使わずに直接手で触れてしまっても指紋がつきにくいという特徴があります。スマホはなるべく汚したくない、指紋を付けたくないという方にもおすすめです。
またこのAQUOS sense3では、senseシリーズとしては初となるデュアルカメラを採用している点も魅力ですね。今までは、シングルカメラのみだったので、sense3から「標準」レンズに加えて1200万画素の「広角」カメラが加わったことでより奥行のある撮影が可能になっています。カメラの画質を重視する、という方でなければ1200万画素のデュアルレンズカメラは十分なスペックと言えるでしょう。
またセキュリティも万全で、指紋認証の他に顔認証機能も搭載されているので非常に便利です。例えば、指が濡れていたり湿っていて指紋センサーが反応しないことがあります。そういった場合には、スマホを持ち上げるだけで顔認証機能が作動するのでさっとロックを解除することができ、とてもスムーズです。ただし、この時の解除スピードは劇的に速い、というわけではないのでご注意下さい。それもそのはずです。AQUOS sense3のプロセッサーにはクアルコム製のsnapdragon630を搭載しているので、最新のものではないからです。画面をタッチしてからの反応スピードや、ロックの解除の速さを求める方にはおすすめしませんが、ガラケーからスマホに乗り換えを検討している方、初めてスマートフォンを使うという方には非常におすすめです。
またsense2からsense3もレスポンスは、エントリーモデルのレベルなのでそこまで速さは期待しない方が良さそうですが、普通に使う分には問題なしです。
その他には、防水防塵機能に対応していること、おサイフケータイが使えるので通勤通学に使いたい方、普段から電子決済を利用している方にもおすすめです。この機会にスマホで決済をしてみたいと考えている皆さんにもおすすめします。
またsense2からバッテリー容量もアップした4000mAhを搭載なので、一日中快適に使うことができます。これだけのスペックを備えながら、3万円以下という点は非常にコスパも良くお試ししやすいのではないでしょうか。是非一度検討してみてくださいね。”